カテゴリー「鉛筆中毒展in関西('11.09)」の19件の投稿

2011年9月30日 (金)

鉛筆中毒展in関西 ブログetcでご紹介くださった皆さま

こんにちは、Keroです。

鉛筆中毒展、今回の関西分もたくさんの方が

ブログでご紹介くださいました。

例えば…

・関西地方を中心に活動する男性若手俳優により構成されたグループ、
  ShunKanの「げんた」さん。
  →鉛筆中毒展

・ブログではないのですが、
 会場を動画に撮ってアップしてくださった方も!
 →ioriginalさんの動画
 ※会場内は撮影OKでした。手にとって見てくださってもOKOKでした♥

・Leicaさんのブログ
 →鉛筆中毒展in関西

・yuzumiさんのブログ
 →鉛筆中毒展

・レッドアリゲーターさんのブログ空に補助線を…。
 →「鉛筆中毒展in関西」へ行ってきました
 少し前のエントリー、芯ホルダー好きにはたまりません!
 →「これって2mmの芯ホルダー?(謎の筆記具)」

・andrewさんのハテナ
 →鉛筆中毒展in関西

・あんじゅさんのブログ
 →鉛筆中毒展in関西へ行ってきました
   
・てまねき羊さんのブログ
 →明日から~
 

・やまかつさんのブログ「さんてんり~だ」
 →関西 秋の文具系イベントあれこれ

twitterでも沢山の方がつぶやいてくださってます。

「鉛筆中毒展」でのtwitter検索結果
  ※つぶやきは時間が経つと消えていきます(´・ω・`)

本当に沢山の方に支えられてできた展示でした。

改めて御礼申し上げます。

このあとも、イロイロとタクラミますね^-^

 
 

  

  

2011年9月27日 (火)

鉛筆中毒展in関西 ありがとうございました

2011年秋。三連休の9月23日(金・祝)-25日(日)に
大阪中崎町のムロラボさんで開催された鉛筆中毒展in関西は
好天にも恵まれ盛況のうちに会期を終えることができました。

twitterやfacebookでやり取りをさせていただいていた方と実際にお話できたり、
文房具や鉛筆に全く興味のなかった方がふらりと立ち寄り
鉛筆の山に目を見張っていろいろと質問を下さったりと、
とても嬉しい体験の連続でした。

鉛筆中毒展生みの親で東京高円寺のハチマクラさん
今回の鉛筆中毒展を関西へ呼んで下さった大阪中崎町のムロラボさん
そして、何よりお越しいただいた全ての方々に、出展者一同、
心より厚く御礼申し上げます。

▼中崎町のカフェ・みずたまやさんで描いていただいた3人の似顔絵
Blog_44

                                        秋の夜長に虫の音を聴きながら

                                          三人を代表して、赤青鉛筆拝


ムロラボさん
Blog_40

▼赤青鉛筆、展示
Blog_43

▼アルト、展示
Blog_42

▼Kero556、展示
Blog_45


▼中崎町の町並み
Blog_46

またね。

Blog_47

2011年9月25日 (日)

鉛筆中毒展in関西 いよいよ最終日

こんにちはー!

鉛筆中毒展in関西は本日が最終日。

1時の開場とともに、お客さまがもう3組も。

アルトも赤青鉛筆もお客さまへのご説明に大わらわ。

小学生姉妹もじーっと鉛筆を見てくれています。

可愛いなあ(*´▽`*)


皆様のご来場をお待ちしております。


鉛筆中毒展in関西 本日のトークショーは「大阪と鉛筆」

みなさん、こんばんはー!Keroです。

(日付が変わってしまいましたが…)今日も沢山の方にお越しいただきまして、

誠にありがとうございました。酔狂な鉛筆コレクション・資料展にお付き合いくださいましたこと、

ただただ感謝するばかりでございます。明日もたくさんの方とお会いできることを

願ってやみません。


さてさて。期間中は毎日15:00前後から小一時間トークショーを行っています。

本日のテーマは、開催の地・大阪にちなんで、「大阪と鉛筆」。

赤青鉛筆がお話をさせていただきました。

Blog_38


大阪の皆さん。今でこそ鉛筆は東京で作られている(大手メーカーの工場は地方や

海外にあったりしますが)と言われていますが、その昔は、大阪でも作られていたのです。

明治初期から帝都・東京主導で鉛筆産業が興ったものの、

海外からの引き合いが増えて生産が東京では追いつかなくなり。

海外販路を押さえていた関西陣営が「ほんならもうこっちで作るで」と相成りまして

市内の問屋さんたちがこぞって自社ブランドの鉛筆を作り始めたのです。

工場は岸和田市界隈に多数存在していました。

当時の「鉛筆製造求人」の広告資料も存在しており、

今回の中毒展で初ご披露をしております。

これがなかなかおもしろい。

…実際はもっともっと詳しい話だったのですが、ずいぶん端折って書いてしまいました^-^;

明日のトークショーテーマはまた異なったものになりますが、

その時間以外でもご質問がありましたらいつでもお答えいたします。

どうぞお気軽にお声掛けくださいませ。


明日の最終日、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

2011年9月24日 (土)

鉛筆中毒展in関西 ヴィンテージ・ウッテマス

鉛筆中毒展in関西 ヴィンテージウッテマス

こんにちは。今日の大阪は秋晴れ!気温は夏!

まけじと鉛筆中毒展も暑いことになってます。

大阪在住歴14年を持つKeroですが、

大阪にこれだけの量のヴィンテージ鉛筆が皆さんに見える姿で登場するのは珍しいのではないでしょうか。

自分が住んでいた頃にもこんな催しものがあったらなぁと思ってしまいました。

見ていただくだけじゃ忍びない。

ヴィンテージ鉛筆のいくつかは実際にご購入頂けるよう、ブッパンもご用意してございます。

おうちに連れて帰ってくださいましね。

2011年9月23日 (金)

鉛筆中毒展in関西 始まりました

オオサカ ホンジツハ カイセイナリ

無事に始まりました。

開始と同時にたくさんのご来場者さまが!

ありがとうございます。


(携帯からうまく写真アップができない…)

さぁ、三日間、関西の
皆様を心よりお待ち申し上げております。


追加.ちょこっと写真。


Blog_33


Blog_34


Blog_29


Blog_36


おまけ.

猫ちゃんたちもお待ちしてますにゃー。


Blog_37


鉛筆中毒展in関西 じゅんび!じゅんび!!じゅんび!!!

こんばんはーorおはようございまぁす。Keroです。
夜が明けたら、いよいよムロラボさんでの鉛筆中毒展が始まります。
23日(金・祝)-25日(日)の13:00-19:00。

実は初めてムロラボさんにお邪魔したんですが、Keroは、
5分も経たないうちに、すっかりムロラボさんのファンに。
なんというか、居心地がいいいんです。
ずっと前から知り合いのおうちのように。
戦争をかいくぐった長屋の一角。お隣のおうちからはシチューの香りがして、
外では野良猫がにゃぁにゃぁと誰かを呼んでいる。
今回のイベント抜きで、関西の方には何度も足を運んでいただきたい。
いや、むしろ私、ここに住む!的な素敵さです。


ここからは写真で。

Blog_21

Blog_22


Blog_28


そして、二階へとあがっていくと…

階段から既に中毒展は始まってマス。
Blog_25

どーん!まずは大まかな位置決めをし…
Blog_26


アルトさんがやってきて、一気に進む作業!
Blog_24

赤青鉛筆さんもさらに資料や鉛筆を充実させている模様。
みなさまのお越しをお待ちしております。

私信.
Kちゃん、お花ありがとう!

Blog_27


2011年9月22日 (木)

鉛筆中毒展in関西 出張ハチマクラさん

こんばんは!Keroです。

今回の鉛筆中毒展では、場所を貸してくださるムロラボさん

ご好意で、「出張ハチマクラ」店も出ます。

Photo

元々、ハチマクラの店長さんが鉛筆が好きだったことから

始まったのが「鉛筆中毒展」。そのハチマクラさんがセレクトした

古い鉛筆削り器等を関西の皆さんにお届け!

ムロラボさんハチマクラさん、改めて御礼申し上げます。

                              Kero556拝

2011年9月20日 (火)

鉛筆中毒展in関西 文献ありマス

こんばんは。Keroです。

こんな資料も沢山揃えました。

↓業界誌に寄稿するヤマト糊の社長さん。

Blog_16

↓大正の関東大地震に際し、大阪の文具業界誌「文具界」(現在の「オフィスマガジン」)社長さんが、義援隊を結成して東京を救いに行くお話し。

Blog_17

↓件の「文具界」(現「オフィスマガジン」の前身。会社は明治42年設立されました。1909年。なんと100年以上の歴史をお持ちなのです

Blog_18

これらをおしみなく投入いたします!

さぁさぁ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい。

いつ見れるの?どこで見れるの?

という方、こちらをクリックですわ。

もちろん、大阪文具資料も盛りだくさんで、

皆のこと待ってまっさかい、きたってやー!

鉛筆中毒展in関西 お土産アリマス

こんにちはー、Keroです。

名古屋のみなさま、また他の台風進路にあたるみなさま、

どうかご無事でありますように。

今回、中毒展にいらして下さった方の中から、

毎日先着10名様に粗品差し上げます。

これです。

       ドーン!

Blog_15

Keroん家で採れた、フウセンカズラの種。

種袋は一つ一つKero手作り。

文具じゃなくてごめんなさい(ペコリ

無料ブログはココログ